2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タモリ倶楽部「祝地下鉄開通80周年メトロに乗って綾瀬検車区に行こう!!」

12月1日、8日に放送された内容です。
ゲストは鉄道大好きな、原田芳雄、田中要次、松尾貴史、土屋礼央、原田喧太、南田祐介です。

収録現場は北区・地下鉄王子ビル前から。
東京メトロ全面バックアップの元に、専用の臨時列車を走らせて収録していきます。

王子検車区→(南北線)→(有楽町線)→(千代田線)を乗り換え無しで縦断。(連絡線を使用)
さらに終点の綾瀬検検車区を見学します。
クリックで拡大

B3階にある王子検車区では元サンズのマネージャから転職したメトロ職員、東出さんが歓迎。趣味が高じての転職だそうです。

タモさんたちが乗るのは、南北線9000系「タモリ倶楽部号」
車体の前方にはタモリ倶楽部のマークが貼られていました。貸切いいなぁ~・・・。
土屋「一人一両でも余りますね(笑)」

車内に入ってからはみんなハイテンション!!ずっと笑いっぱなしです^^
南北線は地下鉄の中でも新しいそうなので、比較的明るく、壁も白くて綺麗でした。
東出が自分で制作した旅のしおりには、
『南北線は基本的に複線シールドトンネル。車両のすれ違いを存分に満喫できる』『王子駅には将来のホーム延伸に備えたスペースが設けられている』と書いてありました。
駅に到着しても止まらないので、みんな
「乗せてあげないよぉ~w」「止まらないのに駆け込み乗車しようとしてた。」「それただの駆け込みだよ(笑)」と優越感に^^
しおり『駒込駅では折り返し用のポイントがある』『駒込以南の線路には継ぎ目がない』とのことで、「ガタンガタン」の音がないようです。
松尾「こんな長いレール作るの、大変長い工場が必要ですね。」
東出「そうですね、全長約50Kmくらいの・・・ってことはなくてですね、短いレールを現場に・・・。」
みんな「ビックリした~!!一瞬真にうけっちゃった(笑)」
すごい華麗なノリっつこみでした。私も「えっ?!」って思いましたよ;

しおり『東大前~後楽園間はS字カーブが続く』
S字の隣には脱線用のレールがあるようです。
しおり『後楽園~飯田橋間に南北線最大の下り坂』
タモリ「これはなんで下るの?」
東出「これはおそらく、飯田橋が浅いところの土地がないので・・・。あと、やはり神田川があるのでもぐるんですかね。」
しおり『後楽園~飯田橋間には南北線最大の急カーブも』

以降続きます↓

全文を表示 »

スポンサーサイト

テーマ:タモリ倶楽部 - ジャンル:テレビ・ラジオ

タモリ倶楽部「航空保安大学校にテイクオフ!!」

1月19日に放送されたものです。

航空管制官を養成する唯一の教育機関である、航空保安大学校に見学に行く内容でした。

企画したのはテレビ朝日松井アナ。大の飛行機ファンのようです。
ゲストは山田五郎さん・板尾さん。

松井アナは飛行機のプラモも好きなようで、自分で作った作品を持ち込んでいました。
ロッキードC-130H
ボンバルディアQ400 全日空機
ボーイング757-200 アメリカン航空機
当時は機体番号も良くわからなかった時代だそうで、問い合わせて、番号フォントもアメリカ空軍使用フォントをダウンロードして貼っていました。
しかも貼ったのがわからないくらいクリアを塗って磨いて塗って・・・。かなり愛情がこもっていました。

そして大学の教室の中へ。
教室の中には滑走路の模型があり、天井には飛行機の進路を電飾で張り巡らされていました。
管制塔には3人一組で行うようです。
1人目:ローカルコントロール(滑走路における離陸と着陸の管制を行う)
管制塔でも花形のポジションだようです。
2人目:グラウンドコントロール(滑走路以外の地上の移動に関する管制を行う。輸送など)
3人目:コーディネーター(様々な情報の連絡、調整を行う。主に時刻調整など)
管制官は英語が原則。
すべての指示が英語だそうで、かなり高い英語力が必要ですね~。

鉄道好きなタモリさんも、管制科の人には鉄道好きなひともいるようで、盛り上がる場面もありました。
タモリさんがおすすめのスポットは、品川のホシザキ電機の階段?から見える風景がお得だそうです。
東海道新幹線、山手線、京浜線、の奥にモノレール、その奥に船舶、の上に航空機が見えるそうです。
どれも一度に見られたら凄いですよね。なんという幸運・・・!!

ターミナルレーダー実習室では、レーダーでの離着陸が主な内容でした。
無線が好きなタモさんはレーダーも好きな様子。

松井アナから魚群の話が出て、
山田五郎「飛行機の群れが映ったら、それ戦争ですよっ。」
のコメントには笑いました。そりゃあ怖い!

実習内容は、レーダーに映っている航空機を、どのような順番で滑走路に導くのか、パイロットに無線で指示するものでした。
ここでも英語が原則。

機首を330°の方位に向けさせたい場合は、
「JAL1182(Japan air one one eight two), fly heading three three zero.」
(日本航空1182便。方位330°で飛行せよ。)
3,000フィートまで高度を下げさせたい場合、
「JAL1806(Japan air one eight zero six), descend and maintain 3,000.」
(日本航空1806便。高度3,000フィートまで降下して維持せよ。)

そしてタモさんが挑戦!
「JAL1504. Fly heading 360. Descend and maintain 4,000.」
(日本航空1504便、方位360°で飛行せよ。高度4,000フィートまで降下して維持せよ。)
しかし画面右下に山があるらしく、他の航空機が近づいている様子。これは回避しなければ・・・!
「ANA245(All Nippon Air two four five).Trun right heading 270.」
(方位270°へ右旋回せよ。)
「ANA254, cleared for approach. Contact tower 118.1」
(全日空245便、最終進入を許可する。周波数を118.1に切り替えてローカル席と交信せよ。)
手元の見本を見ないで指示していました。覚えるの早いな~!
それから、「.(ピリオド)」のことを、無線用語では「デシマル」というそうで、118.1の時には教えられてもいないのに使うことができていました。
本人曰く「適当に言ってる。(笑)」だそうですが。

板尾はギリギリ。着陸時の航空機が近すぎて着陸できなかったようです。
板尾「あー・・・、sorry?」
軽いなっ!^^

クイズでは生徒3人を交えて。
那覇空港では自衛隊の航空機も管制するようで、
松井アナ「飛行機がでないな~?って思ったら、ファントムがびゃーって飛んでいって、『あっ!ファントム待ちだったのか~;』っていったりして。」
撮り鉄ならぬ、撮りひこもいるようです。

日本で唯一ということで、まさに全国で活躍ですね!
飛行中は本当に逃げ場がないのでこれからも安全第一で頑張ってほしいです。

テーマ:タモリ倶楽部 - ジャンル:テレビ・ラジオ

タモリ倶楽部「オーディオマニア!タモリ・コブクロのダイナミックショッピング!!」

←タモリ倶楽部のカテゴリを増やしました。

最近から録画を消さず、残しておくことに決めました。
後になってから見たくなる回も多いので;
毎回感想を書くかはわかりませんが、時間がある時には書いていこうと思います。
(※管理人の知識はゼロです。素人視点からの感想になります。)

今回は、秋葉原にある、「ダイナミックオーディオ」が撮影場所でした。
ゲストはコブクロの2人。司会進行は堀部亮です。

1F~7Fまであり、各階には担当者がいました。
1F(清水芳男さん)
オーディオアクセサリーを扱っています。
小渕さんの欲しいコンデンサのヘッドホン。
ヘッドホン自体に電源が必要で、その電源自体にもまた電源が必要のようです。
はじめSRS-4040A 、後にSR-007SRM-007tA:のセットを視聴。
黒田さん「距離感がね、高域中域低域ができるだけ一緒のほうが空間が広がるんですけど、上だけが遠くて下が近い感じがあっちはちょっとしたんですけど、こっちは全体的に遠いから聞きやすいですね。」
近くにあるけど遠いものが良い感じに聞こえるのかな?

2F(田中一雄さん)
オーディオだけでなく、プラズマや液晶テレビも揃っています。
ホームシアターを揃えるのに適した階のようです。

3F(赤塚昭虎さん)
アメリカとヨーロッパの製品を中心に、ミドルクラスのオーディオを扱っています。
プリアンプ Ambrosia2000
パワーアンプ Ampzilla2000
スピーカー JBL4338
CDプレイヤーEMT986
のセット(計400万円)で視聴。
曲はなぜか松浦あや・・・。(担当の人が好きなのかな?)
CDプレイヤーEMT986は動作音が無いことが一つの特徴のようです。
堀部「動作音てのは何ですか?」
小渕さん「CDが回転してる音ってのがやっぱ聞こえてる、っていう・・・。」
堀部「えっ?!動作音が聞こえるんですか!?」
黒田さん「スーッって音が聞こえるでしょ。」
堀部「えっ?!」
小渕さん「街じゅうから聞こえませんか。」
堀部「えっ!?街じゅうからですか・・・!」
街なかから・・・!(笑)
黒田さん「オーディオやるとね、エスカレーターの、スーッって高い音が気になるのよ。普段静かなところでいると、蛍光灯のスーッって音とか・・・。」
堀部「それもう少ししたら病気ですよ!」(笑)
エスカレーターはまったく気づきませんでした・・・!やっぱり耳が違うんだな~!すごい!

↓続きます

全文を表示 »

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

«  | HOME |  »

プロフィール

そず

Author:そず
高い所が好きです。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。