2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノノ怪「座敷童子 後編」感想

み、見逃したーーー!!!!

前回が2:30~だったんで毎回そうだと思ってたら24:45~だよ!!
マジで泣きたいです・・・・・・。 ゚(゚´Д`゚)゚
しかたないのでニコニコで見て感想書きます・・・。うわぁあああ

ということで後編見ました!


一話でいろんなところに伏線がありましたが、2話ではそれが解決しました。
宿の運営は女将の時からでしたが、建物自体は女将が娘の時からあったそう。
それが女郎屋(遊女をかかえておいて、客に遊興させることを業とする家のこと)でした。
そうすると当然子を宿す女がいるわけでして、その場合に女将が女の腹を叩いて(というか暴行して)堕胎させ焼却するという過去が明らかにされました。

前半で出てきた部屋のテーブルが女郎が乗る分娩台、当たっていた暖炉が焼却炉でした。
そして堕胎させられた子が怪(座敷童になり、幾人もの子が怪となって集まり、偶然にも来ていた女(志乃)に偶発されて起こった出来事でした。
女将によるとこの部屋は供養のための部屋だそうで、ふすまには子を宿している女が描かれたり、梁には犬が絵描かれています。

化け猫でも泣きましたが、今回も泣きましたよ・・・。 ゚(゚´Д`゚)゚
座敷童子の顔を前半で見た時は笑いましたが、今回はあの顔でも泣ける!
子どもはやっぱり母親が欲しい、母親に愛されたいわけで、志乃がお腹の子に話しかけたりさすってあげたりしているのを見て、座敷童子は、「ぼくもこのひとがいい・・・・・いつもなでてくれる・・・。やさしい・・・やさしい・・・やさしい・・・。」と思ったようですね。
前掛けから伸びる長い赤い布はへその緒で、女郎と客との間にできると、その女郎に繋がるようです。
赤い布が繋がった時の赤ん坊(童子)の嬉しそうな顔といったら・・・!!
繋がったことを他の座敷童子だちは「おめでとう。おめでとう。」と言って祝福してくれるし、いい子たちだよ・・・!!

志乃は怪となって集まった座敷童子たちに、「みんな産んであげる。」と言いますが、やっぱりひとりしか産めないので血が出てしまいました。
その時に聞こえたのは前半に出てきた黄色い座敷童子。
この童子は志乃のお腹の中の子でした。

「このひとで、よかった・・・。からだをたいへんにしてごめんなさい・・・・・・。
・・・いつもがんばってくれてありがとう。いつもたくさんおはなししてくれてありがとう。
ぼくは、あなたがいい・・・・・・。あなたがいい・・・。あなたが・・・いいです・・・・・・。」
笑うとかわいいんだな~。

多くの座敷童子は薬売りに斬られる前に笑っていたので、座敷童子にとってはよかったのかなと思いますが。
志乃に会って嬉しい言葉を言ってもらえてよかったのかな。

そして!
キャストの演技もお上手!!
EDのキャストロールで「ザ・赤子・・・小松里歌」には笑いましたけど。
ザ・赤子って!!
来週は海坊主です。豪華なキャスト陣なので期待!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sozunosuke.blog75.fc2.com/tb.php/159-88c6fda4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

そず

Author:そず
高い所が好きです。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。